アルバイトで学んだ事
アルバイトで学んだ事

様々な人々に利用されるアルバイトという形態

アルバイトは元々語源はドイツ語からきていますが、働くという意味です。しかし働くと言っても日本語で定着したアルバイトは同じ働くでも正社員とは違う一種の非正規雇用の形態で働くという意味です。中には正規雇用の形態で雇っている場合もありますがこれは非常に稀なケースです。正規雇用社員とアルバイトの違いは働く期間の定めの有無がポイントになります。正社員の場合は各種保険の対象になり、大きい所では福利厚生もしっかりしているところも多くあります。しかしアルバイト労働者はそれらの対象から外れていることが多いです。ただその分労働時間や会社における役割が限定的になっています。言いかえれば時間の融通が利き、さらに多様な働き方が出来ます。

時間の融通が利き、多様な働き方が出来るということで、学生のお小遣い稼ぎという感覚だけでなく、フリーターとして立派に生計を立てている人も多くいます。バイトの代表格である学生がやはり割合としてその職種の約半数を占めていますが、フリーターそして主婦、また高齢者さらには主夫にいたるまで幅広くその形態を利用しています。またコンビニなど深夜営業を常とするところはこのような労働形態は欠くことのできないものになっています。その分時給も高くなります。

Copyright (C)2017アルバイトで学んだ事.All rights reserved.