アルバイトで学んだ事
アルバイトで学んだ事

司法書士事務所におけるアルバイトの仕事内容について

司法書士は、身近な暮らしの法律家として、市民の法律問題を支えています。司法書士事務所における業務は、登記にはじまり、裁判業務、近年においては成年後見業務にまで広がりを見せています。成年後見業務は、高齢化社会にある日本において、より一層重要性を増していくものと予測されています。では、司法書士事務所におけるアルバイトの仕事内容とはどういうものなのでしょうか。

上記の通り、近年において、司法書士事務所における業務は広がりの一途をたどっています。したがって、これらの業務のサポートがアルバイトの主な仕事内容になっています。つまり、法令や裁判例、法律文献等といった法律知識はもちろんのこと、簿記に関する知識、医療、介護、福祉等に関する知識まで求められるようになってきています。また、相談者や依頼者、付き合いのある士業や企業等とのやり取りも仕事内容となってきます。よって、各種のビジネスマナーや電話対応のスキルが必要となります。さらに、役所に公的書類を取りに行ったり、各種申請書を提出しに行ったりもします。したがって、地方部においては、自動車の運転免許は必須となってきますので、この点は十分に留意するようにしましょう。

Copyright (C)2017アルバイトで学んだ事.All rights reserved.